【メディア掲載】中日新聞:2016年3月23日付朝刊

仕事で得たスキル、育児中の社会貢献に 「ママボノ」が活躍

◆参加者「職場復帰の準備にも」

職業で得た技術を生かして、育児中に社会貢献する女性たちが増えている。この活動は「ママボノ」と呼ばれ、新たなボランティアの形として注目されている。

「『カンパイチャリティキャンペーン』の参加店で生ビールを飲めば、子どもたちへの寄付につながりますよ」

二月末、名古屋市東区のナゴヤドームで開かれた女性向けイベント。田口さおりさん(40)=愛知県北名古屋市=が、来場した親子連れに声を掛けた。田口さんは小学四年の男の子がおり、普段はフリーでイベントの企画、運営の仕事をしている。

チャリティでは、客が飲んだビール一リットルに付き一円を、ビール納入業者が子ども基金に寄付する。ママ目線で活動を推進しようと、田口さんらがこの日の女性向けイベントに出展。「たくさんの人にチャリティを知ってもらえました」と笑みを見せた。

チャリティを企画したあいちコミュニティ財団(名古屋市)の木村真樹代表理事は「高度なスキルを持ったボランティアを集めるのは、なかなか難しい。そこで発想が柔軟で“共感力”がある女性に目を付けた」と、チャリティにママボノを絡めた意図を語る。

ママボノに取り組む女性にとっても、自分の活動の場が広がることは喜びにつながる。

「一歩踏み出して、自分の見識を広げ、成長したいと思った」。田口さんとともに活動している屋部清花さん(32)=名古屋市名東区=は参加理由を話す。小売業の会社員で、三歳と一歳の女の子の母だが、長女の出産を機に、二〇一二年から四年間、育休などを利用して仕事を休んでいる。「仕事への復帰に向けて、少しずつ社会との関わりを増やしていけそうです」

◆「平日の昼間可能」が活動のきっかけに

自分の技術を生かしたいママたちと、支援を求める団体を橋渡ししているサービスグラントによると、団体は平日の日中に支援を求めることが多く、この時間帯に活動できるのはママだったことから、ママボノが始まったという。

同NPOが募集した二カ月ほどの短期のママボノには、これまでに三十人以上が参加。橋渡し先は、共働き家庭の自宅の片付け支援や、草の根の国際交流を進めるNPO。プロジェクトの進行管理やマーケティング、新規事業の提案などをしてもらった。

嵯峨生馬(いくま)・代表理事は「育休中の女性は、復帰後すぐに質の高い働き方を迫られるため、復職への不安感が強い」という。

ママボノは復職前のウオーミングアップとして、普段の仕事とは違った体験ができる。「ママボノでプロジェクト管理やリーダーの仕事を体験すれば、管理職になる前の練習にもなる。今後もママボノの活動を広めたい」と強調する。

(稲熊美樹)

navigation